外国人の会社設立なら会社設立JAPAN

JapaneseKoreanChinese
オフィス拠点 池袋 新宿 渋谷 上野 名古屋
アジア経済をリードする日本!ビジネスチャンス多数!会社設立のパートナーをお探しなら『会社設立JAPAN』へ
HOME無料相談のお申し込み日本の制度サイト運営者会社設立後このサイトについて
ホーム >> 会社の税金
会社の税金
日本の税金が気になるあなたに

日本の税金が気になるあなたに

このページでは日本の株式会社にかかわる税金について簡単に説明したいと思います。

株式会社が支払わなければならない税金とは?

会社が支払う税金にもいろいろな種類があります。国に支払う税金は主に「法人税」と「消費税」の2種類があります。

 

法人税

「所得」に課税されます。    所得とは? 売上から必要経費を抜いた金額

所得が800万円以下の場合・・・税率18%
所得が800万円を超える場合・・・税率30%

 

消費税

「売上」に課税されます。

※設立時の会社の資本金が1000万円を超える場合、または資本金が1000万円を超えない場合も前々年度の売上が1000万円を超えた場合には課税になります。

 

地方税

法人税と消費税は国が徴収する税金です。税金は、国だけではなく、地方自治体にも支払う必要があります。「法人住民税」と「法人事業税」です。

「法人住民税」は資本金の額によって定められている税率で支払うものと、法人税額によって定められている税率によって支払う2種類があります。赤字会社でも1年で最低7万円は課税されます。

「法人事業税」は3段階の税率が定められており、法人所得の400万円以下の部分に5%、400万円以上800万円以下の部分に7.3%、そして所得の800万以上に9.6%の税率で課税になります。