外国人の会社設立なら会社設立JAPAN

JapaneseKoreanChinese
オフィス拠点 池袋 新宿 渋谷 上野 名古屋
アジア経済をリードする日本!ビジネスチャンス多数!会社設立のパートナーをお探しなら『会社設立JAPAN』へ
HOME無料相談のお申し込み日本の制度サイト運営者会社設立後このサイトについて
ホーム >> 労働・社会保険
労働・社会保険
日本の労働・社会保険が気になるあなたに

日本の労働・社会保険が気になるあなたに

労働・社会保険についてですが、内容がとても複雑ですので詳しく解説すると本が1冊できてしまします。しかし概要さえ知っておけば専門家(社会保険労務士)を使って会社経営も無理なく行えますのでどうぞご参考ください

 

労働保険のシステム

労働保険とは、「労働者災害補償保険」と「雇用保険」のことを言います。労働保険は、基本的に労働者を1人雇うと、事業主は労働保険に加入し、保険料を払う義務があります。
法律で定められた事業主の義務ですので、労働者が希望しなくても加入しなければなりません。外国人労働者も同様です。

 

労働者災害補償保険

仕事中に労働者に発生した災害(事故・怪我)について、事業主は労働者に対し災害を補償する責任があります。この責任は労働基準法に定められています。この保険は、事業主の代わりに国が補償を行います。

 

雇用保険

労働者が失業した場合に、労働者の生活安定のため失業手当を支給したり、再就職を支援する保険です。

 

社会保険のシステム

社会保険は、「健康保険」と「厚生年金保険」のことを言います。法人事業所(会社)は法律によって加入義務があります。

 

健康保険

労働者が業務外での病気、怪我、死亡、出産に保険給付が行われます。病院に行くと30%が本人負担、70%を健康保険が負担します。

 

厚生年金保険

将来に高齢や障害になってしまった場合に年金給付を受けることができます。